摂取するときの注意

スピルリナを摂取するときに気を付けた方が良い体質の人もいます。健康食品として注目を集めていますが、妊娠中は普段とは体質が異なる場合があります。また、体調の変化が起きやすくもなっています。赤ちゃんへの影響も確認されていない部分があるので、摂取するのはやめましょう

他にも、海産物に対してアレルギーがある人、副甲状腺機能亢進症の症状がある人、ワーファリンを服用中の人、尿酸値が高い人や、ビタミンKの摂取に制限のある人も摂取しないようにしましょう。その他、服用している薬がある人や病気の治療中の人も医師に相談して許可を得てから摂取するようにしましょう。

すべての人に起こるわけではありませんが、スピルリナには副作用や好転反応が報告されています。

過剰摂取による光過敏症や、便秘や下痢、赤みや発疹、頭痛などが起こることがあります。好転反応であれば、症状は一時的なものですが、体調の変化が著しいときや、変化で生じた症状に改善の兆しが感じられない場合は、症状がひどくなる前に摂取を中止することをおすすめします。

スピルリナに限らず、健康食品やサプリメント類は、心配な点や摂取しても良いか体質的に不安なことがある場合は、医師に相談してから摂取すると安心です。